通信講座で時間の有効活用はじめました

通信講座で時間の有効活用はじめました

HOME >>  お勧めの資格 > 業務上も役に立つ簿記の資格

業務上も役に立つ簿記の資格

簿記の画像

簿記というのは会計上の処理の仕方を管轄する資格のことを指します。

 

一級から三級まで難易度別に別れている他に試験を開催する機関もいくつか存在しています。どの試験を受けるにしても、勉強しないで受かるほど簡単ではありません。しっかり、みっちり勉強しなくては受かりません。

 

実用的な資格、取得して損はない

特にメーカーに勤めている人に言えることですが、簿記の資格は自分の経歴をランクアップさせるだけでなく、実際に自分の業務に役立つことが多いので経理部門の人間でなくても、営業も工場の管理部門の人間も取得して損はないでしょう。

 

工業簿記と言われる工場で製品を生産する際の原価計算を主な出題範囲としている簿記二級は資格の難易度もそこまで難しくない上に実用的であるために非常におすすめできる資格と言えます。

 

例えば工場で投資を抑えるとこういう結果が出るとなるといろいろな提案がしやすくなりますし、営業も数値に強ければ値引きの限界を理解できたり取引先の健全性を知れたりするので非常に有利になります。

 

他者との違いを産み出せる資格として簿記は有効な資格になると思いますので、取得を目指して見るべきでしょう。通信講座なら空いている時間を有効活用して資格を取得できますよ。

© 2013 通信講座で時間の有効活用はじめました All Rights Reserved.